植物女子〜アボカドの実から育てる

この記事は1分で読めます

アボガドを実から育てて見ましょう!

アボカドとは?

『森のバター』とも言われるアボガドですが、栄養価が高くヘルシーな食べ物として女子に人気です。
スーパーで売られているものはほとんどが輸入品です。

食べ終わったタネをそのまま捨てるのはもったいない。
育てられるらしいよ!
ということで育ててみることにしました!

さて、どうすればいいのでしょう???

水栽培

タネを洗う。
タネを半分くらい水に浸けておく。
水を腐らせないように、こまめに変える。
葉っぱが出てきたら、土に植える

土栽培

タネを洗う。
タネを土に埋める。
食べた日に蒔くのがオススメ。
乾燥に弱いので、土が乾かないようにする

タネに傷が付いてても問題はない。
とがった方を上にする。
発芽温度は20℃〜

育て方

水やりは表面が乾いたら、たっぷりあげる。
種まき適期は5月〜7月。
寒さには強いが、冬場は室内へ。
適温は15℃〜
大きさに合わせて鉢を大きくする。
肥料は3月と9月に緩効性化成肥料を与える。

注意点

根が弱いので、植え替えるときはなるべく根鉢を崩さないで行う。
植え替えの適期は5月〜6月。
葉が混まないように風通しをよくする。

ということで育ててみました!

 

栽培日記

3月28日
2個水につけてみる。
水がヌルヌルするのでこまめに変える。

 

6月16日

一個は根が出てきました
確率は2分の1です

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。